カンボジア総選挙「無効票の多さに懸念」 日本政府   8月7日

河野太郎外相は4日、シンガポールでカンボジアのプラク・ソコン外相と会談し、29日に投開票されたカンボジア総選挙の結果について、前回2013年の総選挙に比べ、無効票が多かったことに懸念を示した。

報道によると河野外相は、「日本は今回の総選挙にカンボジアの有権者の意思が反映されるよう支援をしたのだが、多くの無効票があり残念だった」と述べたという。

河野外相はさらに、カンボジア政府が民主化に向けて野党勢力と対話する環境を整えることを促したという。これに対しソコン外相は、カンボジアは民主的な選挙を実施した、と述べた。

今回の総選挙は。投票率82.89%で、与党・カンボジア人民党が76.78%を獲得した。しかし、無効票は全国で60万票近く、前回2013年の総選挙の無効票約10万票を上回っている。カンボジア国家選挙管理委員会の報道官は「もちろん、すべての国々から支持を得られるわけではない。60万票の無効票は多いかもしれないが、数百万の有効票に比べれば小さい数だ。(日本は選挙改革支援の技術支援をしているが)日本がカンボジアへの支援を中断することも気にしない。日本は内政干渉をするべきではない」と、述べた。

昨年11月の最大野党・救国党解党の後、米国や欧州連合が国家選管への援助を打ち切った後も、日本は、15,000個の投票箱を含む750万ドルの支援をしている。また、日本政府は国家選管に対し、1998年から2008年まで合計約1300万ドルの支援をしている。

与党・人民党の報道官は、河野外相の発言について、日本は選挙が不公正だと言っているのではなく、「投票のボイコット」を呼びかけた野党・救国党が民主主義をおびやかしていることに懸念を示しているのだ、との考え方を示した。

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50519305/japan-concerned-over-number-of-invalid-ballots/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です