クリーンシティコンテストに、「屋台めし」部門も

カンボジア観光省などが主催するクリーンシティコンテストに、「屋台めし」部門が加わるかもしれない。観光省と国家クリーンシティーアセスメント委員会は、政府に対し、コンテストに屋台めし部門を加えるよう要請することを決めた。

これは、屋台めしの衛生意識向上を目指すもので、さらに外国人観光客にとっても魅力的な観光資源にしたいという狙いがある。

コンテストは今年で7回目を迎える。屋台めしの質の向上と、衛生基準を上げることがカンボジアへの観光客誘致の重要なポイントになる。トン・コン観光相は、「さらに屋台のレベルを引き上げることは、国民の健康と生活水準を底上げし、家族経営の小ビジネスを支えることになる。もしカンボジアには、安全で高質な屋台めしがあると知られれば、観光客が増える」と、話した。

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50577628/street-food-to-feature-in-clean-city-competition/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です