新型コロナで延期の「クメール正月休暇」8月17日から21日に(2020年7月14日)

クメールタイムズ紙によると、新型コロナウイルスの感染予防のため「延期」とされた4月半ばのクメール正月の連休の「代休」が、8月17日から21日までの5日間となることが分かった。カンボジア政府が決定した。
今年のクメール正月の連休は、4月13日から16日までの間だった。カンボジアでは、新型コロナウイルスの感染者の多くが外国由来だったため、国内での「市中感染」は確認されていなかったが、クメール正月の連休に多くの人が一斉に移動することで感染拡大のリスクが高まるとして、連休は「延期」とされた。
また、それでも多くの人が移動することを避けるために、政府はこの期間を中心に、州をまたぐ移動を禁じ、それでも休暇をとって故郷に戻った労働者たちには2週間の自主隔離後に職場復帰をさせるなどの措置をとった。

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50744115/business-prepares-for-replacement-holiday/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です