カンボジア、新たに15人の新型コロナ感染を確認(2020年7月13日)

カンボジア保健省は7月12日、新たに新型コロナウイルスの感染者15人を確認した。これまでの国内の感染者は156人になった。
保健省によると、15人はすべてカンボジア人で年齢は21歳から33歳。サウジアラビアから、マレーシア経由で10日に帰国した人たちだという。同じ飛行機に乗っていた他の79人の乗客は陰性だったが、全員隔離されているという。
カンボジアのフン・セン首相は自身のフェイスブックに、「新型コロナウイルスの感染第二波は、いつでも起こりえる。市場やスーパーマーケット、レストラン、ホテル、カジノなど込み合う場所はアルコール消毒やマスクの着用などの感染予防策をしっかりとってほしい」などと注意を呼び掛けた。
カンボジア国内の感染者156人の内訳は、カンボジア人84人、フランス人40人、マレーシア人13人、イギリス人5人などとなっており、ほぼすべてのケースが海外での感染やその濃厚接触者となっている。
(原文:https://www.khmertimeskh.com/50743912/15-new-covid-19-cases-returnees-from-saudi-arabia-test-positive-for-virus/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です