アトピー性皮膚炎とは?

ラッフルズメディカル医療情報タイトル

 アトピー性皮膚炎は「湿疹」として知られており、よくある皮膚の状態です。皮膚にかゆみのある発疹を引き起こし、幼少年期に発症し、成人期にも発症することがあります。身体のどの部分にも起き、幼年期にはしばしば顔や腕や足に発疹を起こします。その後患部は首と湾曲部に移るのが典型です。しばしば喘息やアレルギー性鼻炎と関係します。

<症状>

 一般的な症状として次のようなものがあります。

 1.かゆく赤い発疹

 2.乾燥し分厚いヒビの入った皮膚

 3.敏感で炎症を起こした皮膚

<原因>

 アトピー性皮膚炎の実際の原因はよくわかっていません。免疫システムの変化、皮膚の防衛力の崩壊、そして遺伝子がアトピー性皮膚炎の発生にある働きをしていることがわかっています。また、湿疹を次のような理由で悪化させていることがあります。

 1.石鹸、洗剤、化学物質

 2.湿気や気温の変化

 3.ウール素材の服

 4.ストレスや感情的な苦悩

湿疹の症状としては、次のようなものがあります。

 1.赤く痒い皮膚

 2.乾燥肌

 3.過敏で炎症肌

<治療>

 過敏な反応をする物質が何かを突き止めて、それらの物質に接触する機会を減らすことです。医師は的確な診断名を下すため検査を勧め、正しい診断名を突き止め的確な治療をアドバイスします。

治療法としては次のようなものがあります。

 1.ステロイド外用薬——皮膚の炎症を抑えるのに有効であり、医師の管理下で使用するなら安全です。副作用として皮膚の非薄化、自然な皮膚色の減少、脂肪線があります。

 2.内服薬——急性発赤に対して短期の抗生剤やステロイドが医師により処方されるかもしれません。抗ヒスタミンはよく使われ、特に夜間の痒みや引っかき傷を減らすのに有効です。

 3.保湿剤——アトピー性皮膚炎発症の鍵は乾燥肌です。

 4.カルシニューリン阻害薬(免疫抑制剤)——アトピー性皮膚炎治療に使用され、ステロイドは含有せず副作用もありません。

 5.光線療法あるいは免疫抑制薬(拒否反応を抑制する)——重症なケースの場合は紫外線療法やシクロスポリンやアザチオプ

リンのような免疫調整薬の治療が考えられるかもしれません。

 アトピー皮膚炎は周期的に再発する傾向を持つ慢性疾患です。しかし皮膚の状態は年齢と共に改善することもあります。50%以上のケースで10代のうちに改善することもあります。

<湿疹と共に生きる>

 1.スキンケアが大切で、低刺激の石鹸、ソープフリーの洗剤を使用する。ぬる目あるいは冷たい水を使う(熱いお湯は身体から自然油分を奪います。)

 2.保湿クリームをシャワー後皮膚にたっぷり塗る。

 3.湿疹を悪化させないため掻くことは避ける。再発したら活動を最小限にし、熱で皮膚を悪化させないようにする。

(ラッフルズメディカルグループ)

 

●Dr. SO Thoeurn (トウーン医師)
皮膚科医University Paris 7にて皮膚科専門医ライセンス取得。ベンディック医師と皮膚病の研鑽を重ねる。

ラッフルズメディカル医療情報-55-2●Dr. Kanae YAGI (八木医師)
小児科医、総合診療医、タッチセラピスト乳児検診、小児発達障害、成人女性の心療内科、成人男女の内科対応。火、木8:15〜17:30勤務。お問い合わせは奥野まで。

店名 RafflesMedical Cambodia
TEL 012-838-283(日本語・通常診療時間のみ受付), 012-816-911(24時間診療予約)
住所 #161, Sy.51 Pasteur, Phnom Penh, Cambodia
営業時間 月曜日-金曜日 08:00-17:30, 土曜日 08:00-12:00
休日
Website https://www.rafflesmedicalgroup.com/international-clinics/locations/cambodia/phnom-penh
店舗情報Facebook https://www.facebook.com/RafflesMedGrp
カード

 

The following two tabs change content below.
RafflesMedical Cambodia

RafflesMedical Cambodia

日本人常駐・日本語対応可で、緊急診療は時間外、祝日も24時間受付可、専門医による診療:皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科、小児科、救急医療 (注:総合診療科は日本での内科に相当します) が可能です。
総合診療科/専門医診療/救急診療/医療搬送/旅行医学/予防接種/ウリニックプログラム(年間契約要)、デジタルレントゲン、院内研究室、超音波検査
RafflesMedical Cambodia

最新記事 by RafflesMedical Cambodia (全て見る)

RafflesMedical Cambodia

About RafflesMedical Cambodia

日本人常駐・日本語対応可で、緊急診療は時間外、祝日も24時間受付可、専門医による診療:皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科、小児科、救急医療 (注:総合診療科は日本での内科に相当します) が可能です。
総合診療科/専門医診療/救急診療/医療搬送/旅行医学/予防接種/ウリニックプログラム(年間契約要)、デジタルレントゲン、院内研究室、超音波検査

View all posts by RafflesMedical Cambodia →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です