カンボジア、11月の国際会議「開催する」(2020年6月2日)

カンボジア政府は、11月に予定されているアジア欧州会合(ASEM)の首脳・閣僚級会合を予定通り開催する、と述べた。外務国際協力省は「新型コロナウイルス発生後では最大の国際会議となるだろう」としている。
同省によると、ASEMは11月16日から17日、プノンペンで開催される予定。アジア21カ国、欧州30カ国に、欧州連合とASEANが加入しており、ホスト国であるカンボジアからはすでに各国・団体に招待状を出しており、「多くから参加するとの返答を得ている」と、している。
会場となるのは、26,800平方メートルの敷地に建設される新しい会議場で、100室以上の会議室がある。カンボジア側は、リモート会議ではなく、参加者が来場する会議にする、としている。カンボジア外務国際協力省は「ASEMサミットはカンボジアにとって大きな意味がある。カンボジアが国際社会の中で果たす役割を強調したい。そして、カンボジアが様々な障害を乗り越え、国際会議を開催できるほどになっていることを世界に示したい」と、している。
※写真は会場となる施設の完成予想図(外務国際協力省)

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50728976/cambodia-reaffirms-commitment-to-host-the-asia-europe-meeting-asem-nov-2020/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です