カンボジア、38日ぶりの新規感染者 フィリピンから帰国のカンボジア人男性(2020年5月22日)

カンボジア保健省は5月21日、フィリピンから韓国経由で帰国したカンボジア人男性(26)が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。カンボジアではこれまで122人の陽性が確認されたが、新規感染者の確認は38日ぶり。
感染が確認されたカンボジア人男性は、新型コロナウイルス感染者の治療が行われているクメール・ソビエト友好病院に入院し、この男性が搭乗していた韓国からの直行便同乗者62人全員が、プノンペン市内のホテルで14日間隔離されることになった。
カンボジア政府は5月15日より、「リスクの高い国からの渡航者」全員にPCR検査を義務付けている。その後、カンボジア保健省は「すべての渡航者」にPCR検査を実施する、と発表した。同時に、出発72時間前以降に取得した新型コロナウイルス非感染証明や5万ドル以上の医療保険証などの提示も義務付けられている。

※写真はクメールソビエト友好病院と医療従事者のみなさん
(原文:https://www.khmertimeskh.com/50725678/cambodian-from-philippines-tests-positive-for-virus/

 

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です