フン・セン首相とケム・ソカー氏が会談(2020年5月13日)

フン・セン首相は5月5日、義母の葬儀で、旧救国党の党首だったケム・ソカー氏と面会した。2人はプノンペンのフン・セン首相の自宅で約50分間、意見を交わしたという。
フン・セン首相とケム・ソカー氏が面会するのは、2017年に最高裁が最大野党だったカンボジア救国党を解党して以後、初めて。
5月11日にケム・ソカー氏と面会した駐カンボジア・ドイツ大使は、両者の会談について、「前向きな進展」と評価したという。また、オーストラリア大使館の報道官はクメール・タイムズに対し「この会談を歓迎する」とのコメントを寄せた。在カンボジア日本大使館もクメール・タイムズに対し、「両者の対話を歓迎する」と、答えた。
ケム・ソカー氏はカンボジア救国党の党首を務めていた2017年9月、自身のフェイスブックページに掲載した内容をきっかけに国家反逆罪で逮捕された。その後釈放されたが事実上の自宅軟禁下に置かれ、2019年11月に国内移動の自由を認められた。

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50722000/cambodias-political-development-hailed/

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です