社長の「みかた」 味方 診方

 B.D.A.M.(Cambodia) の柿本謙二です。早くも2ヶ月が過ぎた2019年、いかがお過ごしでしょうか。今回は、立場の異なる若い世代との接点の中で感じたことを紹介します。

 いま大学生の若い世代と一緒に仕事をしていますが、出会った頃の彼らはすぐに「もう無理です」とか、「できません」とか、「仕方がない」とか口にしていました。もうすぐ社会人になる夢と希望にあふれる時期にも関わらず、そんな考え方しかできないなんてもったいないなあ、と思いながら時間を重ねるうちに、少しずつ考え方や仕事への取り組み方に変化がありました。彼らが春から素晴らしいスタートが切れることを願ってやみません。

 また一方で事業を引き継いだ新社長がいました。先代から引き継いで1年が経つところにも関わらず、引き継ぐ前と比べて全く事業が伸びず縮小して「青息吐息」な状態。自分なりにいろいろとやってみたようですが、瞬間いい感じで進めても、それを継続するための対応ができませんでした。本人はまだまだやりたいという気持ちをもっていましたが、いろいろなことを総合的に考えて、社長を辞めて事業から手を引くことが最善であると伝えました。

 なぜこのような話をしたのか、というと。彼には「みかた」がいなかったからです。この「みかた」という言葉をググると、まず出てくるのは「味方」。これこそが経営者や事業をされる方には必要です。中でも無償の愛情と信頼を寄せてくれる家族や近親者など、大人の利害関係がない人は、精神的な支えになる存在です。

 次に「診方」。提案先や取引先とのやりとりの中で相手の話を鵜呑みにするだけではなく、次の仕掛けを考えながら交渉(かけひきなど)を行っていく。新社長には「味方」がおらず、「診方」が足りなかったようです。

 事業を行う人と仕事をする人とはその役割が違います。仕事をする人も尊いですが、場を創り出し続けて事業を行う人に対しては敬意を表します。経営者には「みかた」が必要不可欠なのです。

 経営者のご家族やご友人のみなさん、経営者は身体を張って人生をかけて事業を行っています。どうぞ心を込めて応援して差し上げて下さい。

 

B.D.A.M. ロゴ
会社名 B.D.A.M. (Cambodia) Co.,Ltd.
TEL +855-23-989-077(日本語・英語・クメール語)
+855-16-600-951(日本語・英語)
住所 Phnom AURAL, F6-R1,IOC bldg.,#254,Monivong Blvd. Phnom Penh, Cambodia
Email infp@ipb-asia.biz(日本語・英語・クメール語)
Webサイト http://www.ipb-asia.com/bdam/(日本語)

 

The following two tabs change content below.
B.D.A.M. 柿本謙二

B.D.A.M. 柿本謙二

Kenji KAKIMOTO
日本での事業会社のCFOの経験をもとに、カンボジアに進出する企業に経理・総務・人事のサービスを提供中。また日本でも会計事務所を運営するとともに、上場会社の社外役員も兼務するなど、大企業にも強い一面あり。公認会計士(日本)・税理士。
B.D.A.M. 柿本謙二

最新記事 by B.D.A.M. 柿本謙二 (全て見る)

B.D.A.M. 柿本謙二

About B.D.A.M. 柿本謙二

Kenji KAKIMOTO
日本での事業会社のCFOの経験をもとに、カンボジアに進出する企業に経理・総務・人事のサービスを提供中。また日本でも会計事務所を運営するとともに、上場会社の社外役員も兼務するなど、大企業にも強い一面あり。公認会計士(日本)・税理士。

View all posts by B.D.A.M. 柿本謙二 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です