カンボジアにみる「選択肢」の幅広さ Vol.2

 初めまして、ゴーゴーケンゴと申します。

 現在、プロブロガーとして活動しながら、株式会社22を創業し、昨年10月よりプノンペン郊外にてトークンハウスというシェアハウスを運営しています。僕自身、もともとカンボジアにすごい興味があったというわけではなく「カンボジア=ボランティア」という程度のイメージでした。

 なので、まさか自分がカンボジアに住んでいるなんて、想像したこともなかったのです。しかし、いざプノンペンに住んでみると、そのイメージは覆されました。

 とにかく、住み飽きないのです。

 その理由は「選択肢の幅広さ」です。

 例えば、食1つとっても選択肢が幅広いですよね。屋台飯だと1ドル、ローカル食堂だと2〜3ドル、日本食の定食でも5〜6ドル、ちょっと贅沢なフレンチでも15ドルと、それぞれの所得に応じて選択肢が用意されているのが住みやすいと感じる理由です。

 お金がなくても、無いなりに楽しく生活が出来ますし、お金があれば、ちゃんと贅沢も出来ます。ビジネスに関しても、VR(仮想現実)やフィンテックで世界の最先端を狙うスタートアップもあれば、小児がん患者の子どもたちのために給食センターを立ち上げる若者もいます。

 トークンハウスでは、多様性を繋ぐ場として毎月ミートアップを開催してるのですが、実際に国際医療NGOジャパンハートさんとクリエイター集団のソーシャルコンパスさんが繋がり、プロジェクトが始動したりしています。

 カンボジアは「これから」の国なので、今ここに集まっている人たちは、多かれ少なかれ課題を持って日々奮闘していると思います。その雰囲気を感じながら、業種を超えて繋がっていけるのは、今のカンボジアならではの貴重な経験だと思いますし、それこそがカンボジアの魅力なのかなと思います。

ジャパンハートで給食センターを立ち上げる野村さん(左)と医師の進谷さん

スタバで仕事中のゴーゴーケンゴ

The following two tabs change content below.
ゴーゴーケンゴ

ゴーゴーケンゴ

993年、大阪府生まれ。立命館大学卒。在学時BARを2年経営した後に売却。現在はブロガーとして活動する傍ら株式会社22を創業。
ゴーゴーケンゴ

About ゴーゴーケンゴ

993年、大阪府生まれ。立命館大学卒。在学時BARを2年経営した後に売却。現在はブロガーとして活動する傍ら株式会社22を創業。

View all posts by ゴーゴーケンゴ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です