トークンハウスをオープン 「人のあったかさ」を価値に Vol.1

 初めまして、ゴーゴーケンゴと申します。

 現在、プロブロガーとして活動しながら、株式会社22を創業し、昨年10月よりプノンペン郊外にてトークンハウスというシェアハウスを運営しております。

 第1回は「トークンハウスってなに?」というテーマで書いていきます。

 トークンハウスを一言でいうと「独自トークンを使って価値交換をするコミュニティ」です。独自トークンというのは楽天ポイントやTポイントと似たようなポイントだと思ってください。

 僕たちはトークンハウスのコミュニティ内だけで使えるポイントを発行し、そのポイントによって、仕事を依頼したり、シェアハウスに滞在したり、イベントに参加したり出来る仕組みになっています。

 「普通のシェアハウスじゃないの?」という声もありますが、僕たちが提供するのは、あくまで住居的価値ではなく、人的価値です。なので、シェアハウスはあくまでトークンの使い道のひとつなのです。

 世界中にトークンを使える場所を増やしていく中で、はじめにカンボジアを選んだ理由は、「人」です。もちろん法規制や市場など色々と細かい要素はあるのですが、それらは全て後付けの理由でしかなくて、一番は「人」です。

 単純なのですが、僕が旅をする中でカンボジアで出会った日本人在住者の方々が、みんな素敵な方だったのです。そういった出会いに恵まれたこともあり「また、カンボジアに戻ってきたいな」と思ったのがキッカケです。

 テクノロジーはあくまで人生を豊かにするためのツールでしかなく、他人との時間の共有こそ人生です。僕たちが「シェアハウスじゃなくてコミュニティ」だと言うのは、そういった価値観を持っているからです。株式会社22のビジョンは「あったかい22世紀を。」という言葉なのですが、テクノロジーが進化しても、「人のあったかさ」がコアになる世界をつくっていきたいなという思いでやっています。

左:代表取締役CEOゴーゴーケンゴ、右:代表取締役COO植木大介

2月にトークンハウスで開催したミートアップの様子

The following two tabs change content below.
ゴーゴーケンゴ

ゴーゴーケンゴ

993年、大阪府生まれ。立命館大学卒。在学時BARを2年経営した後に売却。現在はブロガーとして活動する傍ら株式会社22を創業。
ゴーゴーケンゴ

About ゴーゴーケンゴ

993年、大阪府生まれ。立命館大学卒。在学時BARを2年経営した後に売却。現在はブロガーとして活動する傍ら株式会社22を創業。

View all posts by ゴーゴーケンゴ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です