加茂シェフのボナペティ! #60 茄子のバルサミコ酢マリネ

今回は茄子料理です。茄子とバルサミコ酢はコレステロール値を低下させる働きや、カリウムを豊富に含み、抗酸化作用もある食材ですので、日々健康を気づかっておられる方、女性には美容効果も期待できるお料理です。簡単に作れて、作り置きも可能ですので、是非お試しください。

茄子のバルサミコ酢マリネ(4人用)

●材料

茄子 3本
[マリネ液]
バルサミコ酢 120g
砂糖 25g
 2.5g
オリーブオイル 80g
にんにく 3片
  
  

まずはマリネ液を用意します。にんにくを細かくみじん切りにします。お鍋にオリーブオイルを入れて、そこへ先ほどのニンニクを入れてきつね色になるまで炒めます。その後バルサミコ酢、砂糖を入れて混ぜ合わせ、冷めてからタッパに移しておきます。
茄子は2cmの輪切りにします。フライパンにオイルを入れ温めてから、茄子を入れ両面をきつね色に焼きます。
最初に作ったマリネ液のなかに、茄子を入れ冷蔵庫で寝かします。マリネ液と絡まれば出来上がりです。
今回は彩りでアボカドとオレンジの皮を刻んだものをトッピングしていますが、お好みで遊んでみてください。

The following two tabs change content below.
加茂 健

加茂 健

Takeshi KAMO
フレンチ・レストラン「ラ・レジデンス」料理長。
東京のフランス料理 銀座「レカン」、六本木「ヴァンサン」などでフレンチの基礎を叩き込まれ29歳で渡仏。その後、スイス・フランス語圏へ渡り、ローザンヌ近郊「ホテル・ドゥ・ヴィル」やジュネーブ「マンダリン・オリエンタル・ホテル」等を経て、様々な出会いに恵まれ2007年よりプノンペン在住。
加茂 健

About 加茂 健

Takeshi KAMO
フレンチ・レストラン「ラ・レジデンス」料理長。
東京のフランス料理 銀座「レカン」、六本木「ヴァンサン」などでフレンチの基礎を叩き込まれ29歳で渡仏。その後、スイス・フランス語圏へ渡り、ローザンヌ近郊「ホテル・ドゥ・ヴィル」やジュネーブ「マンダリン・オリエンタル・ホテル」等を経て、様々な出会いに恵まれ2007年よりプノンペン在住。

View all posts by 加茂 健 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です