「日本語パートナーズ」短期派遣プログラム

アジアのWA タイトル

 皆様こんにちは。

 国際交流基金アジアセンターは「芸術・文化の双方向交流」と「日本語学習支援」を活動の2本柱として事業を実施しています。今回は、日本語学習支援事業である“日本語パートナーズ”派遣事業で、カンボジアでは2期目を迎えた短期派遣プログラムについて紹介します。

 2019年3月11日から17日の1週間、徳島大学から6名の大学生グループが“日本語パートナーズ”カンボジア短期2期として、プノンペンとプレイベンの高校や大学で活動を行いました。

 今回派遣された6名は、現地の大学に派遣されている長期派遣の“日本語パートナーズ”や、受け入れ校の日本語教師とも協力しながら、活動内容についてカンボジアの大学生と打ち合わせを重ね、具体的な活動について綿密な打ち合わせを行いました。高校や大学における実際の活動では、クラスの雰囲気や生徒たちの様子を見ながら、臨機応変に対応を求められる場面も多く、貴重な実践の場となったのではないかと思います。徳島の阿波踊りをはじめとする日本文化紹介も大盛況となり、笑顔と笑い声が溢れる活動となりました。

 “日本語パートナーズ”のメンバーにとっては、カンボジアの人々との貴重な交流の場となり、多くの学びを得られたのではないでしょうか。今回、短期派遣を受け入れた高校や大学からは、今後の派遣の継続について前向きな意見が寄せられました。特に、カンボジアの高校では日本語や日本文化に触れる機会も限られており、日本人学生による文化紹介や体験は、短い時間ながら相互理解と交流を大いに促進したようです。これを機に、日本語や日本文化に興味を持ってもらえれば何よりです。また、参加した“日本語パートナーズ”にも、将来に渡りカンボジアとの縁を大切にしてほしいと思います。

 短期・長期ともに、“日本語パートナーズ”の更なる活躍にご期待ください。

 

店名 アジアセンター プノンペン連絡事務所
TEL 855-23-21-4581
住所 #22, Hotel Cambodiana, 313 Sisowath Quay, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia
営業時間
休日
Website https://www.jpf.go.jp/j/
店舗情報Facebook https://www.facebook.com/asiacenter.phnompenh/
カード

 

The following two tabs change content below.
濱田祐生

濱田祐生

Yuki HAMADA
幼少期をインドネシアとタイで過ごし、大卒後に就職した企業でシンガポール赴任。その後、出版社勤務を経て、国際交流基金勤務。アジアセンタープノンペン連絡事務所開設に伴い、カンボジア赴任。初代所長を務める。
濱田祐生

最新記事 by 濱田祐生 (全て見る)

濱田祐生

About 濱田祐生

Yuki HAMADA
幼少期をインドネシアとタイで過ごし、大卒後に就職した企業でシンガポール赴任。その後、出版社勤務を経て、国際交流基金勤務。アジアセンタープノンペン連絡事務所開設に伴い、カンボジア赴任。初代所長を務める。

View all posts by 濱田祐生 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です