今年のバレンタインは、どう過ごす? カンボジア、中国、日本を比較してみた

 「カンボジアの魅力を世界に伝える」お店、アメージングカンボジアのぬくいわかなです。突然ですが、全く出店予定のなかったシアヌークビルに、アメージングカンボジア3号店を出店することになりました。今回は私の想いを書きます。

 数年前、初めてシアヌークを訪れたときは、静かで開発されていない佇まいが良いなぁと思っていました。そして数ヶ月前に、シアヌークビルの国際空港の方々からお声がかかり、新しくできた国際空港のオープニングの式典にお邪魔してきました。コンパクトながらセンスの良い空港で、レセプションも素晴らしかったです。

 「カンボジアの魅力を世界に伝える」お店、アメージングカンボジアのぬくいわかなです。2月は中国正月とバレンタインがあるので、三ヶ国の比較をしてみました。

 カンボジアでは男性から女性にお菓子やぬいぐるみを添えて「お花」を贈るので、たくさんの露店で賑やかになります。数年前に政府が、深めるのは愛だけで一線をこえるのは、私たちの文化にそぐわないと声明を出しニュースになったこともありました。

 中国のバレンタインデーは年に何回もあるらしく、重要なのは2/14と7/7ですが、ほぼ毎月のようにバレンタインデーがあるそうです。例えば6/14/はキスデー、12/14はハグデーなど。そしてお花はバラが基本らしく、本数により意味があるとか。例えば1本は「貴女は私のオンリーワン」、30本「私の愛を受けてください」、108本「結婚してください」など。煩悩の数なのに(笑)

 最近は、忙しい人などはWeChatでお金を520元(8,300円くらい)送るそうです。520という数字は「愛している」という意味なのだそうです。日本も昔、ポケベルで「14106=アイシテル」がありましたね。

 日本のバレンタインはというと、バブル時代は周囲に義理チョコを配りまくり、カップルは男性が高級フランス料理店に女性を招待し、ワインと料理を楽しみながら女性からチョコレートを渡し、帰りにホテルへ行くというパターンが時代を象徴していました。(経済状況は違えど、今のカンボジアの雰囲気に似ているような気がします)

 日本では、2016年にはバレンタイン市場(1,340億円)はハロウイン市場(1,345億円)に追い抜かれましたが、2019年のバレンタインは「愛よりもチョコレートを楽しむ日」として盛り返しそうです。これも時代を象徴していますね。

 カンボジアと中国は愛に熱く、日本は個の時代へ。さて、貴方は、どこの国的楽しみ方が良いですか?私はたぶん日本派(笑)で、MARAのホワイトコーヒーチョコとアメージングナッツチョコをワイン共に楽しむ予定。はい、個の時代です。

 自国に帰り大切な人にお土産を渡すとき、それがカンボジアを誇れるものであってほしい。語れる感動のストーリーがあってほしい。そんな思いでお店をやっています。

 関わる全ての方に感謝をこめて。

 

アメージングカンボジア ロゴ
店名 AMAZING CAMBODIA presented by WakaNa
TEL 099-439-881, 078-589-551(日本語)
住所 イオンモールプノンペン 1フロア(ノジマ電気そば)
営業時間 9:00-22:00
休日 なし
Website https://amazing-cambodia.com/
店舗情報Facebook https://ja-jp.facebook.com/amazingcambodiatotheworld/
カード

 

店名 AMAZING CAMBODIA presented by WakaNa
TEL
住所 エクスチェンジスクエアモール グランドフロア
営業時間
休日 なし
Website https://amazing-cambodia.com/
店舗情報Facebook https://ja-jp.facebook.com/amazingcambodiatotheworld/
カード

The following two tabs change content below.
Amazing Cambodia 温井和佳奈

Amazing Cambodia 温井和佳奈

Wakana NUKUI
Blooming Life International Co., Ltd 創業者。2010年からデザインを通じてカンボジア女性の夢をかなえるドリーム・ガールズ・デザインコンテストを開始。上質なカンボジア産商品を発掘、デザインコラボした商品を世界へ向けて販売。
Amazing Cambodia 温井和佳奈

About Amazing Cambodia 温井和佳奈

Wakana NUKUI
Blooming Life International Co., Ltd 創業者。2010年からデザインを通じてカンボジア女性の夢をかなえるドリーム・ガールズ・デザインコンテストを開始。上質なカンボジア産商品を発掘、デザインコラボした商品を世界へ向けて販売。

View all posts by Amazing Cambodia 温井和佳奈 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です