カンボジア人の海外旅行が増加(2月27日)

生活水準の向上、収入増加とともに、カンボジア人の海外旅行者数が増加している。観光省によると、2018年の旅行者数は前年比で14%増えたという。

観光省の統計によると、2018年に海外に旅行したカンボジア人は約190万人で、前年比13.9%の増加。この理由について同省スポークスマンは、収入の増加によりレジャーに使うお金が増えたことや、そういった人々をターゲットにした魅力的なパック旅行商品が増えていること、を挙げた。

「最も人気がある行先は、中国、タイ、ベトナム、マレーシア。たとえば中国では300ドルのパック旅行もある。遠方ではヨーロッパやオーストラリア、米国も人気がある」。カンボジア人旅行者の主な目的は、買い物、医療、ビジネスだという。

(原文:https://www.khmertimeskh.com/50581975/as-incomes-rise-more-cambodians-travel-outside-the-country-ministry/

 

The following two tabs change content below.
クメールタイムズ提携記事

クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。
クメールタイムズ提携記事

About クメールタイムズ提携記事

(Khmer Timesオンライン版より抜粋)
 カンボジアの英字紙Khmer Times(クメールタイムズ)より、主要ニュースを短信でお届けします。原文はhttps://www.khmertimeskh.com/でお読みください。弊社は同社発行人より正式に翻訳許可、写真使用許可を得ております。

View all posts by クメールタイムズ提携記事 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です